首都圏・千葉を拠点にマンション管理をサポートする辻根マンション管理士事務所の実績・お役立ち情報

豊富な経験とノウハウでこれまで手掛けてきたマンション管理実績と
規約改正や理事会の運営を行う上で知っておくと「ためになる」
お役立ち情報をご紹介いたします。

首都圏・千葉を拠点にマンション管理をサポートする辻根マンション管理士事務所

首都圏・千葉を拠点に、暮らす方の良きアドバイザーとしてマンション管理をサポートする辻根マンション管理士事務所。

お問い合わせ

コンテンツ一覧

  • マンション管理9つのポイント
  • よくある質問Q&A
  • マンション管理士の活用と料金
  • 実績・お役立ち情報
  • 辻根マンション管理士事務所の実績
  • 辻根マンション管理士事務所のお役立ち情報
  • 辻根マンション管理士事務所の事務所概要プロフィール

ӡΩ

規約改正

規約改正はマンションに合った最適の規約改正が不可欠です。

規約改正

管理規約は、適切な組合運営を行ううえでマンションの憲法とも言える重要なルールですが、分譲時の原始規約のまま現状に合った改正もなく運用しているケースがあります。
管理規約は、マンションの抱える問題を解消するための最低限のルールとして、また、誰が理事となってもスムーズな組合運営ができるよう、マンションに合った最適の規約改正が不可欠です。
顕在化している問題点や潜在的な課題を踏まえ、マンション固有で最適つまり唯一無比の規約改正が必要です。

<最適な規約改正の判断>
・管理規約は最低限のルールとして守れる内容であるか
・管理規約は公平性のあるものか
・管理規約は共同生活に有益なものか
・管理規約や規則は誰が運用しても一定の機能が果たされるものか

【参考データ】
出典:平成21年4月国交省発表の平成20年度マンション総合調査
条件:全国2,167管理組合のアンケート結果

規約改正 組合数 比率 備考
規約改正をしたことがある 1,285 59.3% 単棟型52.4%、団地型81.8%
※分譲時の原始規約のまま改正していない管理組合は約40%あり単棟型が多い傾向にあります

ڡƬ